エネルギーを節約するためのエコ商品 : 省エネ家電、省エネグッズ、電気の節約

地球とヒトを思いやるエコ商品−&eco−:地球温暖化を防ぐためにまずお買い物から変えてみましょう
 ホーム ゴミを減らすゴミを減らす 水を守る水を守る 森を守る森を守る エネルギーを節約するエネルギーを節約する 土を守る土を守る 用途別エコ商品一覧
ホーム環境評価別エコ商品>エネルギーを節約する
エネルギーを節約するエネルギーを節約する
エコ商品を考えてみよう!                           (&ecoの評価基準について)  
省エネ家電 Co2削減効果: 期待効果:エネルギーを節約する →商品&評価はこちら
省エネグッズ Co2削減効果:  期待効果:ゴミを減らすエネルギーを節約する →商品&評価はこちら
夏の省エネ対策 Co2削減効果:  期待効果:エネルギーを節約する →商品&評価はこちら
冬の省エネ対策@
(電化製品
Co2削減効果:
 
期待効果:エネルギーを節約する →商品&評価はこちら
冬の省エネ対策A
(非電化製品)
Co2削減効果:  期待効果:エネルギーを節約する →商品&評価はこちら
【特集】: 地球とヒトにやさしい冬のすごし方 (2007/10)




エネルギー問題は大きく二つに分けられると思います。ひとつは「石油・石炭等の化石燃料の可採年数」、
つまり限りある資源をいつまで使えるのかということ、そしてもう一つは最近問題視されている
「エネルギー消費時におけるCO2排出における影響」について。CO2排出は地球温暖化の直接的原因と
注目され、今ではそちらのほうが論議されているようです。

日本での年間のCO2排出量は12億7900万トン(2004年)、そのうち家庭部門は13.1%ですが、
誰が、その製品を使うかという最終の需要者別で考えると「家計消費」の二酸化炭素排出量は
日本全体の約48%をしめるといわれています。

そんなCO2の排出を減らしましょう、というのが、省エネの基準になってきています。

つまりは エネルギー節約  =  CO2排出削減  = 限りある資源の節約  というわけです。

二酸化炭素の排出量を減らすためには一人一人が省エネを行う必要がありますが、灯油やガス、電気など、
家庭で使われるエネルギーの中では、電気による二酸化炭素排出量が一番多い為、
電気の使用料を減らすのが一番の省エネになります。

しかし、そのほかにも例えば、水道をつかうということは、川から水をくみ上げ、浄水場で水を消毒して家庭に運ぶ、というように蛇口にくるまでに電力を利用して供給されているわけですから、水を大切につかう、ということも
大きな電力の節約になります。

また、野菜や果物などは季節にあった旬のものを生産するのと季節外れにビニールハウス栽培されるものにかかる
それぞれのエネルギーを換算すると、なんと5倍異なるため、旬の野菜を食べることも「省エネ」になるわけです。

まさに「湯水」のごとくつかってきている電気、エネルギー。これらを普段の生活から気をつけて削減するとともに、
省エネできる電化製品をご紹介します。


関連トピックス&エコ活動
待機電力はもったいない!スイッチをこまめにきりましょう チームマイナス6%とは
イルミネーションに憂鬱 排出権という名のビジネス

→トップに戻る

【特集】地球とヒトに
やさしい冬のすごし方



【関連エコ商品】
水を守る洗剤
水を守るシャンプー・石鹸
土を守る有機野菜・無添加食品
実践エコ活動
イルミネーションに憂鬱
待機電力はもったいない!スイッチをこまめにきりましょう
家庭でできることをもっと考える!
環境問題を考える
排出権という名のビジネス
チームマイナス6%とは
環境家計簿


&ecoについて  ・  エコ指標について  ・ おことわり
ゴミを減らす  ・  水を守る  ・  森を守る  ・  エネルギーを節約する  ・  土を守る  ・ 用途別エコ商品
環境問題・地球温暖化  ・  実践エコ活動  ・  参考文献・役立つリンク集  ・ サイトマップ
Copyright (C)2007 &eco All Rights Reserved.文章等の無断転載・引用は固くお断りします