ペットボトルリサイクルについて PETボトルのリサイクルの現状を考える

地球とヒトを思いやるエコ商品−&eco−:地球温暖化を防ぐためにまずお買い物から変えてみましょう。
 ホーム ゴミを減らすゴミを減らす 水を守る水を守る 森を守る森を守る エネルギーを節約するエネルギーを節約する 土を守る土を守る 用途別エコ商品一覧
ホーム環境・地球温暖化のお勉強>リサイクルについて−ペットボトル

ペットボトルのリサイクル @現状を知る


   以前「リサイクルについて」で概論を述べましたが、ここではペットボトルについて考えてみたいと思います。
   

1.ペットボトルの歴史と現在の消費/生産量


   ペットボトルはそれまで自主規制されていた500mlのボトルの解禁から、2000年にはいり
   爆発的に生産量が増えました。
   ちょっとうろ覚えですが、確かそのきっかけは90年代後半に「エビアン」のペットボトルが輸入され、
   その使い勝手のよさに消費者が気づき、自主規制の壁が崩れた、と聞いています。

   それ以降、缶がペットボトルに主役の座を奪われ、飲料ボトルの生産量が伸びたようです。

   しかし、そのリサイクル(回収)制度が整っていなかったばかりに
   「空き缶はリサイクルに」と専用のゴミ箱があるのに対し、ペットボトルは大半が燃えないゴミと処分
   されてきました。
   しかし、ペットボトルのリサイクルマークと「リサイクル社会ブーム」にのって
   ペットボトルも同様にボトルにリサイクルと勘違いされたのか、
   ペットボトルもリサイクルされるから使ってOK!という免罪符を与え、消費量が激増したようです。
 
   2007年の清涼飲料(乳飲料を含む)用のPETボトル生産量は約52万トンとなる見通しです。
   (PETボトルリサイクル推進協議会調べ
   
   ペットボトル生産量:           52万トン
   500mlのペットボトル(推測):      約208億本。   (1本25gで計算)
   国民一人当たりの消費量(推測):  約163本      (国民1億2700万人(2007年))
  
   全国民で割ってしまっても一人当たり約2日に1本ペース。これを年齢を考慮すると(乳児・高齢者除く)
   1日あたりの消費量はもっとあるでしょう。

   それだけの消費をしている、っていう現実をしっかり認識しましょう。


2.リサイクルの現状

   
   ペットボトルの回収率は65.6%(2005年)です。これに輸出による海外リサイクルを加えると
   実質的な回収率は72%以上と推定されています。(PETボトルリサイクル推進協議会データ
   ペットボトルが回収された後、どうなっているか・・

   国内ペットボトル(指定法人回収量(*)17万トン)の再商品化のデータです。  
   - 繊維   6.4万トン (37.6%) 
   - シート   5.9万トン (34.7%) 
   - ボトル   1.2万トン (7%)

   繊維・シートからのリサイクル品としては、じゅうたん、バッグ、卵パック、付箋紙、ゴミ箱などがあげられます。 

   リサイクル方法には、マテリアルリサイクルケミカルリサイクルという二つの方法があります。
     (PETボトルリサイクル推進協議会HPから)

   @ マテリアルリサイクルの回収から再商品化までのフロー
   A ケミカルリサイクル(PETボトルからPETボトルへ)の再商品化までのフロー
   
  ペットボトルのリサイクルにはいろいろな意見が飛び交います。特に本当に環境によいのか?
  石油の無駄遣いではないか?など。
  PETボトルリサイクル推進協議会では、回収率が上がればあがるほど環境負荷は低くなると明言しています。  (見解&データはこちら)
  そして、ボトルへのリサイクル(ケミカルリサイクル)については環境負荷が低くなり、 
  省資源に大きく貢献することが証明されています。(PET協議会の見解
  ただし、コストがかかることから対応が急がれます。
●LCI によるエネルギー負荷比較  (PET協議会HPより引用)
  ボトルtoボトルPET樹脂 石油由来PET樹脂
資源エネルギー 0 (MJ/kg) 35 (MJ/kg)
工程エネルギー 31 (MJ/kg) 28 (MJ/kg)
エネルギー負荷合計 31 (MJ/kg) 63 (MJ/kg)
(出所) 『PETボトルのLCIデータ調査報告書』2004年8月(PETボトル協議会)
『プラスチック廃棄物の処理・処方に関するLCA調査研究報告書』
2001年3月〈(社)プラスチック処理促進協会〉

  それをふまえてAで今後のリサイクルを考えてみたいと思います。
    
     (→ペットボトルリサイクルについて PETボトルのリサイクルの今後を考える

  (*)指定法人回収量について
  回収されたペットボトルには引き取り先がいくつかあります。その中でデータが明確な指定法人回収ルート
  からの再商品化データをとりあげました。それ以外の回収されたボトル(約34万トン)のほとんどは
  輸出されているのでは?といわれています。 (PETボトルリサイクル推進協議会データ

   【参考サイト】
   ・ PETボトルリサイクル推進協議会
   ・ 「最新ペットボトルのリサイクル」安井至氏  日経エコロミーのコラムでも有名です
   ・ 「PETボトル海外流出を防げ」新宮昭氏   日経エコロミーコラムより

   【参考図書】
    ・枝廣淳子の回収ルートをたどる旅   リサイクル業者の現場のレポートです。リサイクルが
                            気になるきっかけになりました
   

関連エコ商品

      マイボトル・水筒     マイカップ      エコバッグ   マイ箸

      その他エコ商品を「環境評価別に探す」      エコ商品を「用途別に探す

関連トピックス&実践エコ活動

      【環境問題を考える】過去の話題      【実践できるエコ活動のご提案】過去の話題
 
→トップに戻る


【特集】エコ商品の
選び方・始め方


【環境評価別エコ商品】
ゴミを減らすゴミを減らす
  エコバッグ
  ・マイボトル・水筒
  ・マイカップ
水を守る水を守る
  ・洗剤
  ・シャンプー・石鹸
  ・重曹・クエン酸
森を守る森を守る
  ・マイ箸
  ・ティッシュ・
   トイレットペーパ
エネルギーを節約するエネルギーを節約する
  ・省エネ家電
  ・省エネグッズ
  ・夏の省エネグッズ
  ・冬の省エネグッズ
土を守る土を守る
  ・有機野菜・
   無添加食品

実践エコ活動
ケチが地球を救う
レジ袋・トレイ・・・などは「いりません!」
豊かになるエコライフ〜グリーンコンシューマー〜
レジ袋をことわろう〜オフィス編〜
環境問題を考える
日本人のエコ意識とエコ活動
リサイクルについて
古紙から森林認証紙へ

ベルメゾンネット








    
&ecoについて  ・  エコ指標について  ・ おことわり
ゴミを減らす  ・  水を守る  ・  森を守る  ・  エネルギーを節約する  ・  土を守る ・ 用途別エコ商品
環境問題・地球温暖化  ・  実践エコ活動  ・  参考文献・役立つリンク集 ・ サイトマップ